診療一覧

虫歯は歯を失うことに繋がる恐ろしい病気です。また、放っておいても良くなることはありませんので、痛みや腫れなどの症状に気づいた時にはすぐに当院までご相談下さい。当院では防湿下の感染リスクの少ない治療、高性能拡大鏡を使った精度の高い治療、コンポジットレジンによる審美的な治療(適用不可の場合もあります)などにより、良質な虫歯治療を提供します。

歯周病にかかると歯茎で炎症が起こり、歯と歯茎の間に歯周ポケットという隙間ができてしまいます。さらに症状が進行すると、「歯槽骨」という歯を支える骨が溶けて、歯がグラグラと動くようになり、最終的には抜け落ちてしまいます。
歯周病は自覚症状がないまま進行することが多いため、歯を守るためには予防が重要となります。当院では治療前・治療中・治療後に、モニター画像や口腔内写真などでお口の中の状態をご覧頂き、患者様の歯周病予防のモチベーションの向上に努めています。

大切な歯を病気から守り、いつまでもご自身の歯でものを噛み続けるためには、病気予防を目的とした「予防歯科」の受診が欠かせません。最低でも3ヶ月に1回程度のペースで定期メンテナンスを受けて、お口の中を常に良好な状態に保つようにしましょう。また、病気予防のモチベーションを高めるために、モニター画像や口腔内写真などを積極的に活用して、患者様の今のお口の中の状態をわかりやすくお伝えするようにしています。

小さなお子様に治療を行う時には、まずは歯科医院の雰囲気に慣れてもらうところから始めて、その子の成長に応じてゆっくりと治療を進めるように心がけています。ただし、それでも泣きじゃくったり、暴れたりするために、安全に治療が行えないような時には、保護者の方の了承を得たうえで、「レストレーナ」というお子様の動きを抑制するための器具を使用して、安全を確保した状態で治療を行う場合もあります。

審美歯科とは、虫歯治療で入れた銀歯などの詰め物・被せ物を、白いセラミック素材の歯に替えることでお口まわりの審美性を高める治療です。当院では「e-max」「ジルコニア」などのオールセラミックのほか、保険適用の白い歯も取り扱っておりますので、患者様のお口の中の状態やご希望などに応じて、最適な素材を提案させて頂きます。

入れ歯には「総入れ歯」「部分入れ歯」の2種類があり、それぞれ保険適用の入れ歯、自費診療の入れ歯があります。クラスプ(金属のバネ)を使わない審美性に優れた「ノンクラスプデンチャー」のほか、装着時の違和感が少ない「金属床入れ歯」、高い噛み心地が得られる「マグネットデンチャー・各種アタッチメントデンチャー」など、幅広い種類の入れ歯をご用意しております。
患者様のご希望、ライフスタイル、ご予算などに応じて、最適かつ精度の高い入れ歯を提供させて頂きます。

インプラントとは、歯を失った部分の顎の骨に人工歯根(インプラント体)を埋入して、その上に人工歯を装着させることで、失った歯の機能性や審美性を回復させる治療です。入れ歯よりも良好な噛み心地が得られるだけでなく、審美性も高いのでお口まわりの印象を損なう心配がありません。
歯を失ったまま放置すると、残りの歯にも悪影響がおよぶ危険性がありますのでお早目にご相談下さい。当院では世界3大メーカーとして広く使用されているノーベルバイオケア社、アストラ社の信頼のおけるインプラントシステムを中心に採用しています。また、歯科用CTも導入しておりますので、治療前の精密な診査・診断により安全性の高いインプラント治療を提供させて頂きます。

  • たかやま歯科医院 前歯専門サイト
  • 医院ブログ
  • 東大阪医院 たかやま歯科医院
  • 信頼できる医療機関を探せるMedecal DOC